システムエンジニアの適性

by:

ITIT・通信関連SQL

システムエンジニアを目指す人は、専門的な知識を習得することが大切です。具体的にはコンピュータやIT関連の知識が必要です。これらは日々進歩するものなので、常に新しいものを取り入れる積極性が重要視されます。システムエンジニアは、コンピュータ関連の専門学校や高等専門学校、理数系の大学を卒業した人が多いです。

しかし中には文系の大学から就職する人もいて、普段からコンピュータに興味を持っている傾向があります。実務を重ねることで知識が身につくので、業務に挑戦するやる気があれば、誰でもプロになれます。次に、システムエンジニアはクライアントから要件を聞き出し、要望に応じてシステムを構築します。クライアントの中には、コンピュータに関する知識を全く持たないことも少なくありません。

その場合は、相手に分かりやすいように説明をしながら、相手の要望を見つける必要があり、コミニュケーション能力が試されます。ソフトウェアの開発は通常チームで行われるため、同僚と良好な関係を築くことが大切です。専門用語ばかりで分かりにくい話をするのは、優秀とはいえません。人と話をするのが好きで、相手に最後まで向き合える人が向いています。

そして、システムエンジニアの業務は体力がないと務まりません。ソフトウェアやシステム開発には必ず納期が定められています。納期が差し迫ると、残業や徹夜も珍しくないのです。また開発責任者が体調を崩して休むと、仕事がストップすることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です