ITエンジニアに必要なのは文章力

by:

ITIT・通信関連リモートワーク

エンジニアには、理解と共感を得られやすい文章を作成することが求められます。末端のプログラマーでもドキュメント作成の仕事を割り振られる機会は多く、その際に何を言いたいのかわからない文章を作成してしまうと自身の社内評価に良くない影響を及ぼします。意味が通らない文章を作成するエンジニアはプロジェクトを理解できていないと判断されることもあるので、結果として重要な作業を任せてもらえなくなる可能性も考えられるのです。技術は現場で鍛えられる一方で、文章力は独力で向上させる必要があります。

エンジニアの仕事は自身が持つ技術でチームに貢献し、一つのソフトやシステムを完成させることです。社内教育があったとしても、エンジニアに必要な技術に重きを置かれることがしばしばです。ワークライフバランスの重要性が高まる現代ですが、エンジニアとしての業務終了後に文章力を鍛える他に絶好の機会はありません。正しい文章力が身に付けば、ドキュメント作成で苦い経験を積むことが少なくなります。

伝えるべき内容を簡潔にわかりやすく表現できるようになるので、出来上がったドキュメントに目を通した人物から高評価を得ることも夢ではありません。その結果、今以上に重要な作業を任せてもらいやすくなります。業界人としてのスキルアップも期待できるので、文章力を鍛えることは新たな技術を習得することと同様に大切です。毎日の練習を積み重ねることによって、文章力を向上させることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です