リスク分散で見落としがちなエンジニア任せ

専門職であるエンジニアは、特別な部分で頼りになる存在ですから、仕事として割り切れば一手に任せられる相手ですが、負担が限られた人に集中するので、依頼時と結果を求める最後だけではなく、業務が進行する間も状況を確認する事が大切です。エンジニアは集中力が欠かせないので、業務に直接関係ない人は自然と距離を置きますし、仕事がスムースに進むのを願うからこそですから、どの企業でも珍しくない光景といえます。しかし、休憩時は同僚と過ごす方が必要で、エンジニアにもそれが望まれますから、あくまでも仕事中の距離感である点が重要です。常に職場の中で人との距離が出来てしまえば、エンジニアは孤独感を抱えながら業務に取り組む分けですし、悩みや相談事があっても話す相手が見付けられませんから、精神が摩耗して冷静さを失う状況に陥るのも十分考えられます。

エンジニアが限られた職場なら、業務から技術者が離れるのは致命的で、変わりがいないと仕事に支障を与えますし、混乱を招く事態に陥りかねなくなります。お互いを気遣い合うのは、社会人が持つべき配慮ですし、普段から関わりを濃く出来れば、心配されている事が分かりますから、自らも大切に思う切っ掛けとなるので、身近な存在に対してこそ話をする姿勢が求められます。毎日会話を交わし交流出来ていれば、小さな変化にも早めに気が付けますから、相談やアドバイスを申し出る機会が分かるので、精神的に追い詰められる状況が避けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です